これから楽器を始めよう!と考えた時に

これから楽器を始めよう!

と考えた時に、まずは楽器を購入するわけですが・・・

 

この時に大きく分けて3つのパターンにわかれます。

 

A.「最初だからとにかく安いやつを・・・」

B.「少し値段がしても入門者が買うやつを・・・」

C.「最初からいい値段のする、良い楽器を・・・」

 

さて、あなたはどれを選びますか?

 

どれを選ぶのも自由ですが・・・

長く続けると、最終的にはそこそこいい値段のする楽器をもつことになると思います。

 

 

AからCまで、よくあるパターンとして

A.「最初だからとにかく安いやつを・・・」選ぶ方は

早いタイミングで楽器を辞めるパターンが非常に多いです。

または、すぐに楽器を買い換えるパターン

 

B.「少し値段がしても入門者が買うやつを・・・」選ぶ方は

その楽器を大切にして、長く続けるパターンまたは

物足りなくなって、いい値段のする楽器へグレードアップするパターンが多いです。

 

C.「最初からいい値段のする、良い楽器を・・・」選ぶ方は

同じ楽器で長く続けるパターンが多いです。

 

もちろん全員ではなく、その傾向が多いということです。

 

<上手くなってから良い楽器を買う>という考え方は良いですが・・・

良い楽器を買うことで上達することが多々あります。

 

ウクレレのUさんは数ヶ月前にグレードアップして良いウクレレを購入されました。

それまで使っておられた入門者用の楽器を弾いていた時とはまるで違います。

 

「弾いていて自分でウットリする」といった言葉をたくさん言われるようになりました。

以前のウクレレでは「なんだかな・・・」といった微妙な言葉が多かったような・・・

(入門者用の楽器も最初は良いですが、弾けるようになってくると物足りなくなってきます。)

 

いい楽器にはそういった力があります。

ずっと弾いていたくなるような音が出てくれます。

 

とにかく安い楽器は、「いかに安く作れるか」に重点をおいて作られます。

入門者用の楽器は「入門者の人が満足できる音を、いかに手に入れやすい価格で作れるか」に重点をおいて作られます。

いい値段のする楽器は、「いかに良い音を出せるか」に重点をおいて作られます。

 

お勧めは

B.「少し値段がしても入門者が買うやつを買う」

(そしてグレードアップしていきましょう)

 

C.「最初からいい値段のする、良い楽器を買う」

ですね^^

 

とにかく安い楽器は・・・やめておきましょう(笑)

 

カテゴリー: ブログ パーマリンク

コメントは停止中です。