【エフェクター】歪み系

エレキギターの生徒さん達で、エフェクターってどんなのを選べばいいですか?

と聞かれる方が多いので、今日は歪み系に絞っていくつか紹介を^^

 

さてエレキギターにおいて歪んだサウンドとは、ロックギターやポップス、ブルースやパンクに

ヘヴビーメタルなどには欠かせないものになっていますが、

上記の音楽のエレキの音を想像してみると・・・

ひとくくりに「歪み系」と言っても、実に多彩です。

 

ブルースでよく使われるような軽くチープに歪んだ音で、ヘビーメタルは厳しいでしょうし、

その逆ももちろん厳しいです。

ですので、どんな音楽を演奏するかを決めることが第一です。

(これはギター選びにも言えることですね^^)

 

はじめてエフェクターを買うとなると、どれから試すと良いか全くわからないものです。

まずは、ロングセラーな代表的なエフェクターを紹介していきます。

(ときおり新しいモデルを取り入れてます。)

他のエフェクターを試す場合にも、ひとつの基準となります^^

【オーバードライブ系】

BOSS SD-1

持っている人は凄く多いかと思います。

定番中の定番と言っても過言ではないですね~

ロングセラー!

 

 

BOSS BT-2

こちらも同じように持っている人は凄く多いかと思います。

ロングセラー!

DIGITECH CM-2 Tube Overdrive

比較的新しいめ

ゴツゴツした見た目ですが、サンプル音源など聞いてもすごく良さそうです。

トゥルーバイパスがいい!アマゾンでは売値も良心的になってますね。

(トゥルーバイパスとは・・・エフェクターオフの時にも音が劣化せずに電気信号を送れるように

なっているということです。エフェクターは繋ぐだけで音が劣化すると言われますが、

トゥルーバイパス使用だと少しはマシになるといったところです^^)

【ディストーション系】

BOSS DS-1

ロングセラー!

 

PROCO RAT2

ロングセラー!

DIGITECH SC-2

比較的あたらしいめ

【FUZZ系】

BIG MUFF

ロングセラー!

今回はリーズナブルな価格帯で、よく使われているものを紹介しました。

紹介した以外にもかなりたくさんあります^^;

(ひとつ2万円以上するような高級なものもあります。)

高級なものを最初から買うのもひとつですし、

弾き比べをして特に違いがわからないようであれば

手の出しやすい価格から試すのもひとつです^^

 

楽器屋で試す場合は、店員さんが「どのアンプで試しますか?」と聞いてくるかと思います。

そんな時は「JCで!」と言っておきましょう♪

 

JCとは、JC-120というギターアンプで、どこのスタジオ、

ライブハウスに行っても置いてある機種です。

「自分のアンプを持ち込む!」ということがないかぎりは、

100%いつの日かJCを使うことになるでしょう。

そのJCである程度の自分の好きな音がだせるかどうかで、最初は選ぶといいかと思います^^

 

「自分のギターアンプを持ち込む!」といった場合には、

そののアンプとの相性を考えて購入することになります^^

 

基本的には、楽器屋に自分の楽器を持ち込んで、

試し弾きをして気に入った音がするものを購入すると良いのです。

よくわからないことは店員さんに聞きまくりましょう!

楽器屋のお兄さんに「こんな音が出したいんやけど~」と言って

いくつか候補を挙げてもらって、それらを弾きくらべてみると良いでしょう^^

 

[ad#a2] [ad#a3]

 

カテゴリー: エフェクター パーマリンク

コメントは停止中です。