キーを変更する簡単な方法!

「曲のキーを変える」のはむずかしいと思っておられる方はけっこう多いと思います。
音楽理論の知識がないとできないように思いますが、実はそんなに難しいことではありません。
(プロを目指すような方なら、音楽理論の知識を持っている上でキーを変更出来るほうが好ましいかと思いますが、そうでないなら以下の方法でばっちりです。^^)

レッスンでは、ある程度弾けるようになってくると、「キーを変えるためのプリント」を渡していまして
きのうアコギのKさんが、「厚紙で自作しました~」と持ってこられました^^
ご自分が使いやすいように作られたようです。

女性らしい可愛らしい出来です^^

1

で、これで何ができるかと言いますと・・・
例えば、原曲のキーが「E」で、それを「C」に変更したいとします。

まず内側黄色のEのところへ、外側にCを持ってきます。
すると!これだけで、もう変更するコードがわかってしまうんです。

tencho4

tencho5

 

詳しくみていきましょう^^
仮に実際に下のようなコード進行があったとします。
KEY=Eです。
———————————————————-
KEY=E
|E        |C#m      |F#m    |B7      |
———————————————————-

上の進行をKEY=EをCに変更すると
以下のようになります。
———————————————————-
KEY=C
|C        |Am      |Dm     |G7      |
———————————————————-

で、先ほどの「キー変更器」をもう一度見ると・・・
内側黄色はE・・・・外側白色はC
内側黄色はD♭(=C#)・・・・外側白色はA
内側黄色はF#・・・・外側白色はD
内側黄色はB・・・・外側白色はG

となっています。
ばっちりあってますよね!
ルート音はこれだけで変換が可能なんですね。
あとはマイナー「m」や「7」などは、元々ついていれば、そのままつけると。

本当なら数を数えたり、指板上をイメージして考えたりといった方法を使うこともありますが、
楽譜を書き換えるだけならば、この方法が断然早いですね^^

Kさんは、今回2つ作られたようで、ひとつを教室に置いていかれました^^
また見てみたい生徒さんが、いらっしゃいましたらお見せいたしますね。

更新:ダウンロードできるようにしました。
名前は移調マシーンと・・・とてもダサイですが、使えるやつです(笑)
tencho2
PDF←ダウンロードしたい方は左のリンクを右クリックで保存してください。

ダウンロード後、プリントアウトして、切り取り、以下のように組み合わせます。
(下の図の様に色を変更する場合は、別途、色紙をご用意ください。)

tencho3

完成!

tencho1

スポンサードリンク

カテゴリー: 思うこと パーマリンク

コメントは停止中です。