真空管ギターアンプのすすめ

[ad#a1]

今日はエレキギターのお話。

エレキギターは、ギターとアンプとその他(エフェクター)など全てが揃って”ひとつの楽器です”

なので
すごくいいギターを持っていたとしても、ギターアンプがイマイチでは、
出てくる音もイ・マ・イ・チだったりします

音色、サウンド・・・この辺りはアンプの特性によるものが大きいと言われています。

なので、高いギターと残念なギターアンプの組み合わせ
安いギター(調整のされた)と良いギターアンプの組み合わせを比較すると実は後者のほうがいい音がします。

 

良いアンプとはどんなものか・・・?
初心者用セットでついてくるアンプは残念なものが多いかもしれませんね
「安いし、この値段で揃うならOK!」最初はそれでも良いですが、買い換える前提で考えるのが良いかと思います。
いつかは買い換えましょう!いい音で弾くと楽しさが増しますよ♪

一般的に販売されているアンプは大きくわけて、2種類あります。
ひとつはトランジスタアンプ、そしてもうひとつがチューブアンプ(真空管)

一般的にはエレキギターでは、チューブアンプ(真空管アンプ)を使うことが上達には有利と言われています。
かといって、トランジスタ アンプがダメということではありません。プロでもトランジスタアンプを使っている人もいます。

チューブ(真空管)アンプは、暖かい音がし、ピッキングのコントロールを身につけやすいと一般的に言われています。
ピッキングのコントロールとは・・・強弱やピックの角度などの調整を差します。

このコントロールをすることで、ピッキングだけでクリーンな音から、少し歪ませたような音まで出せるようになります。

しかしチューブ(真空管)アンプは少し高価です。また音量も大きい。
どうせ高いなら・・・どうせ買うなら、あのミュージシャンがステージで使ってる同じアンプを買って、家で練習するぞー!なんてことをすると・・・
自宅ではボリュームは1出せるか出せないか・・・チューブ(真空管)アンプはそこそこの音を出してこそ威力を発揮します。
小さい音・・・ボリュームは1出せるか出せないかでは意味がありません。ライブで使うために購入!なら言いと思います^^

そこで自宅でも使える真空管アンプを探すことに目をむけます。
そうやって探してみると、いくつかのメーカーから自宅でも使えそうな真空管アンプが見つかります。
そんな中でおすすめなのが、fenderのBlues Junior iiiです。
オアシスのノエルギャラガーもステージで使っていたみたいですし、ジョンメイヤーが買っていった。(限定版)ジェフベックがホテルでの練習用に使った。(限定版)など、そんな話もあります。

 

FENDER BLUES JUNIOR III ギターアンプ ピュアなフェンダーチューブトーンを奏でる15Wチューブアンプ

感想(2件)

このアンプは発売当時から評判がよく、また改良を重ねており、現在はバージョンが3になっています。
fenderのBlues Junior iiiは、小さな音量でもこもることなく自宅でも使えます。
テレビやステレオなど、普通に聴ける部屋でしたら、恐らくは問題ないかと思います。
(トランジスタアンプと比較した時に、同じくらいの音量でもなぜかトランジスタアンプのほうがうるさく感じてしまいます。これが不思議で・・・音量は真空管アンプのほうが大きくても、トランジスタアンプのほうがうるさく感じてしまします・・・)

また、このアンプは自宅だけでなく、音量をあげればライブでも使えます。
ただ・・・これはバンドのジャンルや、ドラマーの音量によっては使えない場合もあります。
小さなライブハウスか・・・大き目のステージでPA(音響)さんがいれば使えるかな

初心者の方には、大きな買い物にはなりますが・・・それでも買う価値は充分にあると思います。
同じ時期にギターをスタートした人が2人いるとして、1人だけがこのアンプで練習していたら、数年後には大きな差がでてくるかもしれませんね。(ちなみに教室には2台のfenderのBlues Junior iiiを置いています。上達してほしいですからね^^)

fenderのBlues Junior iiiは限定版なども頻繁に発売しており、微妙に音が違います。また、正規輸入品と直輸入品も出回っています。
正規輸入品は少し割高ですが、100V.50Hz/60Hzで、コンセントの仕様がしっかり日本用になってます。また限定版が毎年発売しています。
(ただし正規品のなかでも、たまに展示品や特価で直輸入品とおなじくらい値段が下がっている時もあります。)
直輸入品は少し安いですが、120V,60Hzで、コンセントの仕様が三又に2つ差込(日本でも使える用になっている)が付いています。
どちらも日本で問題なく使えますが、同じセッティングにした時に直輸入品のほうが音が若干小さいかもしれません。

また中古でも出回っています。ただし以前のバージョンでは小さい音の時には若干音がくもり気味のこともあるので、中古を購入する場合は注意してくださいね^^

[ad#a2] [ad#a3]

 

カテゴリー: 思うこと, 気になる楽器 パーマリンク

コメントは停止中です。