第1段!エフェクターの種類について

[ad#a1]

エレキギターで使われるエフェクターについて第一弾!
楽器屋さんにいけば、たくさんのエフェクターがずらっと並んでいるわけですが、
はじめての方には、よくわからないものです。

今回第一回目は、どんなエフェクターがあるのか?どんな効果があるのか?といったところを中心に紹介します。
まずはどういったエフェクターがあるのかなーくらいの感じで、役にたてれば嬉しいです。

おすすめのエフェクターなどありますが、今回はほぼ、「BOSS」というメーカーのエフェクターで比較をしています。BOSSというメーカーのエフェクターは、エレキギターを長年弾いている方は一度は通る道です(笑)好き嫌いは分かれますが、プロも使用している機種もあります。エフェクターはBOSS以外にも、他のメーカーからも同じような効果のだせるエフェクターがたくさんでています。ここに載っていない効果のだせるエフェクターもまだまだあります。
それについてはまた記事をカテゴリーを作って書きたいと思います。

では少し長いですが、動画も参考にしながらチェックしてみましょう!

歪み系
■オーバードライヴ
オーバードライヴは、もともと真空管アンプのボリュームをあげることでおこる、「音の歪み」のことを指します。クランチサウンドとも言ったりしますね。むかしむかしエレキギターはペンペンした音が中心でしたが、この過大に音を出そうとして生まれた音の歪みがかっこいいということで、いつしかエレキギターといえば歪んだ音!といったイメージになりました。ナチュラルな歪みにするならばオーバードライブですね。

代表的なのはBOSSのSD-1とかですね。

■ディストーション
ディトーションは、オーバードライヴよりも歪みの量が多く、より歪んだ音がします。
ズンズンと音を刻んだり、ロングトーンでソロを弾いたりとロック系では必須ですね^^

代表的なのはBOSS DS-1です。

■ファズ
ファズは、オーバードライヴや、ディストーションと比べるとより激しい音がします。
歪みの量というよりは、ファズは独特のサウンドであり、非常に野蛮な音・・・とでもいいましょうか・・・。しかし機種によってはすごく綺麗にエフェクトがかかる機種もあるので一概には言えないのですが・・・

少し古い音がするのも特徴のひとつかもしれませんね

BOSS FZ-5 Fuzz

モジュレーション系(音を揺らす系)
■フェイザー(Phaser)
音がゆらゆらします(笑)説明するのは難しい・・・ファンキーな曲に合いそうです。

BOSS Phase Shifter PH-3

■フランジャー(Flanger)
より音がゆらゆらします。歪み系のペダルと一緒によく使われます。
効果音的な使い方もグッド!

BOSS BF-3 Flanger

■コーラス(Chorus)
これも揺れます(笑)クリーントーンの時に使うのが一般的ですが、オーバードライブサウンドにかけるギタリストもいます。

BOSS CH-1 SUPER Chorus

■トレモロ(Tremolo)
音量の上げ下げの効果で、音を揺らします。レトロな雰囲気から飛び道具的な使い方まで僕は大好きですね(笑)

BOSS TR-2 Tremolo

残響系
■ディレイ(Delay)
ディレイは、やまびこのように音が返ってくるエフェクターです。
大きくわけてアナログディレイと、デジタルディレイの2種類があります。

BOSS DD-3 Digital Delay

■リバーブ(Reverb)
リバーブは反響する音をシミュレートするエフェクターです。わかりやすく言えばカラオケのエコーのような効果をだせます。この効果で小さな部屋からアリーナのような広い空間の音の反響をつくることができます。またベンチャーズのようなサーフ系の音楽や、ブライアンセッツァー(ストレィキャッツ)のようなロカビリー系にはよく使われています。
アンプに内蔵されているタイプもあります。ジャンルにもよりますが、アンサンブルのときには薄い目にリバーブをかけてあげると良いです。

BOSS RV-5 Digital Reverb

フィルター系
■ワウ・ペダル
チャカポコ、チャカポコ、ワウワウといった音を出すペダルです。(笑)
アクセルペダルのようなペダルをギタリストが足で踏んでいるのを見たことありませんか?

VOX V847(ここはBOSSではなく、定番ワウペダルのひとつのVOXを!)

■オート・ワウ
上のワウ・ペダルを自動的に音にかけるのが、オートワウです。
ちなみにピッキングの強弱に応じてかかり具合が変わるエンベロープというのもあります。

BOSS AW-3 Dynamic Wah

その他
■コンプレッサー
音の伸びをよくしてくれたり、音の粒をそろえてくれるエフェクターです。
効果はわかりにくいのですが、少しうまくなった気がするかもしれませんね(笑)
練習の時には使わないほうがいいエフェクターと言われています。
コンプレッサーが嫌いだという人もいますが、このコンプレッサーを使わないと出ない音というのもありまして、「パキパキ」といった感じ!?そういった音が欲しい時には使うのがいいですね^^ただしアンサンブルのときだけ(笑)

BOSS CS-3 Compression Sustainer

■ピッチシフター
音程を変えてくれるエフェクターです。飛び道具的な使い方ができます。

BOSS PS-6 Harmonist

■ノイズゲート
弾いていない時のノイズをカットしてくれるエフェクターです。
これは・・・ノイズに悩んだときに検討するのが良いかと(笑)

BOSS Noise Suppressor NS-2

■パワーサプライ
エフェクターには電源が必要です。電池であったりアダプターであったりと。
で、エフェクターの数が増えてくると不便なことがでてきます。電池の管理やアダプターがいっぱいなど(笑)そんなときにパワーサプライを使います。
パワーサプライはひとつのコンセントで、数個のエフェクターに電源を供給してくれます。

CAJ AC/DC STATION ver.2

 

[ad#a2] [ad#a3]
カテゴリー: エフェクター, ブログ パーマリンク

コメントは停止中です。